8th MAY Records (エイスメイレコーズ)
 

maishinta

 “love is”

Since 16th September 2017

love _is_JACKT_screeshop.png

We all come from the womb.

 

ある時、気がつくと私たちは、ここにいた

どこから来たのか、どこへ向かうのか、誰にも知らされることなく

無邪気に放り投げられた真っ白なボールは、私たちだ

風は吹くだろう、雨は打ち付けるだろう、突然の地鳴りに重力も踊ることだろう

そして、新たに、この世に放たれる無数の命の姿に自らの出自を予感し、理解することだろう

その時、私たちの脳裏に浮かび、そのまま全身に行き渡る心の震えは、

私たちに、何を思い出させるだろうか

 

Featured Song

 

“HOHOEMI”、”love is”、今作品を象徴する二つの曲です。

アルバムの始まりと終わりを飾るこの2曲は、その後のmaishintaの作品に響き続ける

透徹した朗らかなさに満ち溢れたものとなりました。

LYRIC

微笑みが 響いてく
朝がやってくる
夢のかけらを集めて

小さな箱にのった
白き若木は
色濃い雨季の優しさに
目をみはる

A boy is dancing in the breeze
A girl is singing a song of you

微笑みが 響いてゆく
朝がやってくる
夢のかけらを集めて

歌 maishinta

作詞・作曲 酒本信太

LYRIC

Love Love Love Love is…
Love Love Love Love is…

Kiss your cheek
Wash the dishes
Pick up your sock
Smile for nothing
Write a poem
Draw a sunset
Inhale, exhale
Sing, sing, sing

Love Love Love Love is…
Love Love Love Love is…

—-

歌 maishinta

作詞・作曲 向田麻衣

 

love_is_bird_.jpg
 

作品のご購入は、オンラインショップにて承っています。

また、Apple Music, Spotifyをはじめ、各種ストリーミングサービスや

音楽ストアでの取り扱いもあります。

こちら→ https://linkco.re/5r4FNSYE

 

 

Songs

本作品は、maishintaがネパールを旅した際に感じたインスピレーションが通底に流れています。
旅の最中に、作られた曲もあれば、旅を終えてから作られた曲もあります。
ここでは、各曲の歌詞や、曲にまつわるエピソードも紹介できたらと思います。

作品が、公開されてから、折々に思い出したことや、新たな気づきや、思いもよらぬことなど
作品にまつわる、色とりどりな様相をお伝えできたらと思います。

アップデートの際は、8th MAY RecordsのNewsletterを通じてお知らせできたらと思います。



 
 

SONG

01

LYRIC

微笑みが 響いてく
朝がやってくる
夢のかけらを集めて

小さな箱にのった
白き若木は
色濃い雨季の優しさに
目をみはる

A boy is dancing in the breeze
A girl is singing a song of you

微笑みが 響いてゆく
朝がやってくる
夢のかけらを集めて

 

 

 
 

SONG

02

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88+2019-01-20+22.42.47.jpg

MAMONO

LYRIC

遠く見据え

歩く魔物

笑う

 
 
 

SONG

03

LYRIC

みどりのおうちで
おそわった
ひとみにやさしさやどすすべ

ごせんぞさまから
いただいた
あふれるあいのおまじない

いほうのたびとが
おいていった
とびらをひらくかぎ

ひとりぼっちのよるが
まなざし くもらすとき
とっておきを
おもいだしてごらんよ

きみとぼくいつかともとなって 
あおいなみだに ぽとりぽとりと
ふたつの雫は はじけて 
おおきな みずたま みずたま に

 
 
 

SONG

04

 
 
 
 

SONG

05

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88+2019-01-20+22.42.51.jpg

UTENA

LYRIC

真夏の日照りが 降り注ぐ
あぜ道 傘さし 歩く空
故郷の道と異郷の道を
まあるく むすぶ

うてなの理は
螺旋の言葉
ああ こうして
生きて こうして
還って行く
ただそれだけ

真底の日差しが 乗り移る
古井戸 水差し あから空

一面の穂影 風をうつし
雲にからまり 夕焼けこえて
まあるく むすぶ

うてなの理は 螺旋の言葉
ああ こうして
生きて こうして
還って行く
ただそれだけ

 
 
 

SONG

06

Lyric

夕焼けを拾いに行こう

途中に宝箱も

あけて

 

 

 
 

SONG

07

Lyric

かすかな気配に
耳を澄まして
枝先の蕾は
静かにあたりを見渡す

 When the time has come 
The spring is already here 
The sound of bloom echoes from place to place
Between you and I

シャボン玉みたいに
息を吹き込まれて
僕らはやってきた
小さな輪っかをとおって

Always the rainbow is dancing with the sun
Then the water stop being 
water and now has gone 
Somewhere between You and I 

 

 

 
 

SONG

08

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88+2019-01-20+22.42.54.jpg

ASA

 
 

 

 
 

SONG

09

Lyric

薄紫色の
シルクのドレス着てさ
でんぐり返し
渦巻き巻いて

はじめての雨
パニポリョ パニポリョ 
素敵な雨
パニポリョ パニポリョ 

川向うもあめ
山向も雨
ふるさともあめ?
あの村もあめ

どこもかしこあもあめ
お月さまもあめ
宇宙のあめ 
いつか
太陽をけして

薄紫色の
シルクのドレス着てさ
でんぐり返し
渦巻き巻いて

はじめての雨
パニポリョ パニポリョ 
素敵な雨
パニポリョ パニポリョ 

 

 

 
 

SONG

10

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88+2019-01-21+13.32.37.jpg

A Mundane Boy

Lyric

I was born in a sky
A Mundane boy
Into the venue of your holy
Seven stars are coming to be a word

Send me back
Send me back
Send me ahead
The autumn day
小人はいう 
Step out of the grove

On the ground of yourself
Speaking to the night
All these tales may've gone
Two black eyes into my heart

 

 

 
 

SONG

11

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88+2019-01-21+13.35.23.jpg

Everything


sounds


together

Lyric

Everything sounds together
Like the time never exist
From the birth of universe we are here
With full of brightness

ひなたに 寝ころぶ きみは 
まるで いま 生まれた よう

 

 

 
 

SONG

12

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88+2019-01-20+22.42.58.jpg

l

ove is

Lyric

Love Love Love Love is…
Love Love Love Love is…

Kiss your cheek
Wash the dishes
Pick up your sock
Smile for nothing
Write a poem
Draw a sunset
Inhale, exhale
Sing, sing, sing

 

 photo by Yusuke Abe